これからFXするなら外為どっとコム

PCMAX プロフィール検索

PCMAXのプロフィール検索の有効活用方法!

 

以前に書いた「出会い系サイトで好みのタイプの女性に出会う方法」という記事では、僕が愛用しているPCMAXを活用して、好みの女性に出会う為の戦略のひとつである「待ちの戦略(女性からのアプローチを待つ)」を紹介しました。実際に女性からもらったメールの画像などを載せながら、どのようなプロフィールを書けばよいのか、など詳しく紹介しているので、これから出会い系サイトを使おうと思っている男性、もしくは出会い系サイトでなかなか望むような出会いに恵まれないという男性は、その記事も是非読んでみてください。

 

さて今回は、待ちではなく「攻めの戦略(自ら積極的に女性にアプローチ)」について紹介していきます。

 

今回の内容も、現在PCMAXにも蔓延している、お金を要求してくるような女性と即ヤリするという事を望んでいる男性には不向きな内容となっています。
そうではなく、お金などは全く介在させずに、気が合ってお互いに満たしあえるような女性と出会い、そしてお互いに魅力的だと感じ合えるからこそ深く濃密で最高に気持ちいいセックスができる、そんな出会いを望んでいる男子向けの内容になっています。そしてそのような望みを抱いて出会い系サイトを使おうと思っている男性には絶対にお役に立つ内容だと思います!

 

さて、それでは始めていきたいと思います。

 

まず、この「攻めの戦略(自ら積極的に女性にアプローチ)」でも、前回書いた「待ちの戦略」の場合と同じように自分のプロフィール欄を可能な限り充実させてください。もちろんいきなり完璧にする必要はないと思いますが、僕が書いているようなプロフィール欄(裏プロフィールや日記も!)を参考にしてもらって、少しでもその他大勢の男性とは少し違うな、と女性に思われるような内容を目指してみてください。

 

そして自分のプロフィール欄をある程度埋めた後で、自分が望むような女性を探す作業に入っていきます!
ドキドキワクワクする楽しい時間の始まりですね(笑)

 

この「攻めの戦略」は「待ちの戦略」に比べると、うまくいけばかなり時間を短縮して望む相手を見つける事も可能です。

 

ただ、ある程度の数の女性にアプローチすることになるので、ナンパと同じようにある程度は確率論の世界となります。なのでアプローチしても全く返信がなかったり、返信してきてくれた女性がこちらが思っているようなタイプではなかったりといったケースがあるので、それが当たり前だと心の準備をしておく必要がありますね。もちろんタイミングがうまく合えば、1通目のアプローチメールでいきなり最高に相性の良い相手に出会うことだってあり得るわけなので、とにかく行動するのみということですね。

 

では、具体的なやり方について書いていきます。

 

僕がメインでずっと使っているPCMAXで、好みのタイプの女性を探す際、活用するのは「プロフィール検索」という機能なんです。

 

PCMAXの「プロフィール検索」という機能には、下記のような検索項目があります。
僕は現在すでに結婚していて、求める相手はほとんど人妻なので、下記のような項目でプロフィール検索しています。

 

 

 




 

 

 

 

上記の項目で検索してみると、下記のようにズラッと女性の一覧が表示されます。

 

 

 




 

 

 

 

この検索一覧の中から、気になった女性にアプローチしていくということになります。

 

 

実際に、僕は今までPCMAXで出会った女性の数を通算すると、20〜25人の間くらいなんですね。そのうち、お互いに心も体も相性がバッチリ合って長く関係が続いたのが6人くらい、1〜3回くらいセックスをして関係が終わってしまったのが8人くらい、それ以外は1回会ってそれっきりになったりセックスを結局はしなかったという感じなんですね。でもそれぞれに色んな思い出があり、今でも思い出すだけで胸が熱くなったり、股間が疼いたりすることもあります(笑)

 

そのような今までの経験があるので、どのようなプロフィールを書いている女性であれば魅力的で深い関係が築ける可能性が高いか、濃密なセックスに発展していく可能性が高いのか、ある程度は当たりがつくようになってきているので、そのあたりを紹介したいと思います。

 

そこまで出会い系サイト慣れしていない男性は、上記の検索結果のうち、一番下のちょっとエッチな画像を載せている女性にそそられるケースが多いと思うんです。
おっぱいがポロリと見えそうなエッチな画像を載せている女性ってまぁまぁいるんですよ。
ただ僕の今までの経験では、そのような画像を載せている女性と良い関係になることはまずありませんでした。

 

この検索結果の一番下の女性は、次のようなプロフィール(自己PR欄)を書いていました。

 

 

 

 

 

 

 

「希望」を書いてほしいとこの女性は書いているわけですが、これがいわゆる「条件あり」「割り切り」「大人の交際」という風に呼ばれる、お金を払ってセックスするというやつなんです。
エッチな画像を載せている女性の多くが、このようなタイプだと僕は実感しています。

 

この女性はこのように自己PR欄に書いているわけですが、そんな事は全く書かずに、やり取りを実際に始めてから「ちょっと援助して欲しいんだけど。」とか言い出す女性も結構いるので、それがやっかいなんですよね。そんな女性には一切興味ないから、それなら最初から言ってくれという感じですからねぇ。

 

だからお金を払ってするセックスに興味がない男性は、このようなエッチな画像を載せた女性は敬遠したほうがいいと思います。

 

僕の今までの経験上では、良い関係になれそうだと感じるのは上から3番目のような女性ですね。この女性の詳細プロフィールを見てみると、次のようなものでした。

 

 

 

 

 

 

 

いたって簡素なプロフィールなわけですが、僕は今まで何人も、このような簡素な感じのプロフィールの女性と深い関係になりました。

 

簡潔なプロフィールであれば素敵な女性であるというわけでもないんですが、出会い系を使うことに後ろめたさを少し感じながらもちょっとした好奇心で試しに登録してみた、といった女性に魅力的な人が多いのはたぶん事実で、そういう女性はプロフィールが簡素であることは多いんです。

 

もちろんのこと、プロフィール欄をびっしりと書き込んでいる魅力的な女性もいるので、一概に言いきれるわけではないですが、簡潔なプロフィールの女性をそれが理由で簡単に切り捨ててしまわない、というのは出会い系サイトで素敵な女性に出会う為の大切な要素だと僕は感じているんです。

 

それと合わせて、そこまで大量ではなくとも日記を書いている女性はいいと思います。日記にはその女性のタイプや傾向、どんな出会いを希望しているのか、という事が垣間見られることが多いので、参考になるんです。日記に書かれている事をきっかけにしてやり取りを始めると、一気に仲よくなれたりすることも多いのでそういう点からも日記というのは使えます。

 

それに出会い系サイトに最近沢山蔓延っている業者や、金銭目的の女性って日記はほとんど書かないので、そういうのを排除できるという事にもなります。

 

 

プロフィール検索の時に最も重要なのは、「利用目的選択」という項目で何を選択するのか、という点なんです。

 

「利用目的選択」では、「検索する項目」と「検索から外す項目」をチェックすることになります。僕の場合は、「心の深い部分まで踏み込んだ会話ができ、お互いにかけがえのない存在になれる、そして今までしたことがないような激しいセックスができる人妻」と出会うことが目的です。

 

その目的を達成する為に、「検索する項目」ではまず「不倫・浮気」にチェックを入れます。その他には「セックスフレンド」「メル友」「友達・遊び相手」「何となく」という項目にもチェックを入れます。あまり重視しない人が多いようなんですが、僕は「何となく」という項目にチェックを入れておくというのが重要だと思っています。

 

僕がPCMAXで出会い、今でも一番深く印象に残っているある人妻さんは、「何となく」という項目しかチェックしていませんでした。
内面も外見も魅力的なので、日常生活でもそれなりに満たされているというような女性は、出会い系サイトでも決してがつがつしていなくて、ちょっとした好奇心や何気ないきっかけから登録してみたというパターンも多いんですよね。だからそういった女性を取り逃さない為に、僕は「何となく」という項目もしっかりチェックするんです。

 

いくら匿名の出会い系サイト内とはいえ、女性の心理としては、「素敵な男性とならセックスしたい」と本心では思っていても、「不倫・浮気」や「セックスフレンド」という項目は選ばずに、「メル友」「友達・遊び相手」や「何となく」という項目だけを選択しているという事は結構あるように思えます。そのあたりの実情も、色んな女性に出会ううちに分かってくると思います。

 

「利用目的選択」以外の検索項目としては、「ヒマな時間帯」や「エッチ度」「職業」などもあります。
でも僕の場合は、それらは特に未選択のままにしています(未選択にすると「全て」を選択したことに自動的になります)。

 

僕の場合、主には人妻さんを探しているわけです。だから普通に考えると「主婦」にチェックをすればよいんですが、人妻の場合は、「秘密」という項目にチェックを入れている場合も多かったりするんです。そういう事もあるので、この項目は特に絞り込まずに未選択のままでよいと僕は思っています。このあたりは求める相手によって変わってくるとは思いますが。ただそこまで重視しなくてよいと思いますよ。自分が望む年齢層だけで絞り込んでおけばよいと思います。

 

 

検索画面の最後に、補足のような形で「キーワード検索」というのがあるんです。
あまり使う人はいないと思うんですが、僕はこの「キーワード検索」を使って、凄く良い出会いを経験することができたので、この機能についても少し説明します。

 

この「キーワード検索」ですが、プロフィールにある「自由コメント欄」に書かれているキーワードを検索してくれる機能なんですね。
例えば僕は、哲学がとても好きなのです。でも哲学に興味を持っている女性なんてほとんどいないんですよ。ただ哲学に興味がある女性とは凄く話が合うし、すぐに深い関係になれる事が多かったりするんですよ。哲学以外にも、村上春樹の小説もかなり好きで、同じように村上春樹が好きな女性とも深く濃密な話ができて、それ故に深い関係になれる事も多いんですね。

 

だからキーワード検索で、「哲学」や「村上春樹」と検索してみるんです。すると、女性側のプロフィールの自由コメント欄に「哲学」や「村上春樹」という言葉が書かれている女性を検索してくれるわけですね。
哲学などのようにニッチな趣味や嗜好であればあるほど、検索される女性の数は少なくなるわけです。でもそのような趣味を持った者同士が日常生活で出会える確率というのも非常に少ないわけで、出会えれば本当に一気に関係が深まっていくことが結構あるんですよね。

 

僕はこのキーワード検索を使って、哲学を専攻している大学院生の可愛くて知的な女の子と知り合うことができました。そして色んな話をして本当に昔からの知り合いのように親しくなりました。そして実際に会うようになり、激しく濃密で気持ちいいセックスをすることができました。そのような体験があるので、試してみて損はない機能だと思いますよ。

 

 

以上が、僕の検索機能の具体的な使い方の説明となります。

 

このように検索機能を使って、検索結果一覧の中から気になった女性のプロフィールを見て、そしてメールでアプローチをするという流れになります。

 

 

そのアプローチのメールは具体的にどのような内容なのか、という点に関しては、ここまででかなり長くなってしまったので、また機会を改めて書いてみたいと思います。

 

ただ、そこまで定型的なメール雛型があるということでもなく、実際に女性のプロフィールを見たり日記を見たりして、感じた事を友達感覚でメールしてみると、相手も友達感覚で普通にメールを返してくれる事が多いんですよね。何通かメールのやり取りをしてみて、気が合うとお互いが感じることができれば、もう後は自然の流れでどんどん男女の仲というのは進展していくものです(笑)

 

前にも書いたと思いますが、相手のプロフィールとか日記を見ると、相手側の管理画面にこちらの「足あと」が残るんです。その足あとを見て、相手の女性もこちらのプロフィールや日記を見てくれる事って多いんですよ。だからその際に自分のプロフィールを充実させておけば、相手の女性から「いいね!」とか「気になります」のボタンを押してもらえる可能性も高くなるわけです。

 

そのような形で、「攻め」と「待ち」の双方を自然と織り交ぜながらやっていくのがよいかもしれませんね。

 

まずは説明したような感じでプロフィール検索してみてください。そして色んな女性のプロフィールを見てみてください。見るだけでも気分が高揚して楽しいものですよ(笑)
そして色んな女性のプロフィールを見て気になった女性にアプローチメールを繰り返していくうちに、どんなプロフィールを書いている女性が自分の出会いたい女性なのか、だんだんと分かってくるようになるんですよね。

 

そうなってくると出会い系サイトを使うのが益々楽しくなってくるんですよ。
非日常の強烈な高揚感を味わうことができますからね。

 

そんな出会い系サイトの素敵な出会いを是非とも沢山の人の楽しんでもらいたいです。

 

 

僕の今までの経験がこれから出会い系サイトを使う人の為に少しでもお役に立てれば嬉しいなと思います。

 

 

少しの行動が人生を本当に彩り豊かなものにするんだなぁと実感しています。是非頑張ってみてくださいね!

 

 

 

⇒⇒ PCMAXを一度試してみるならこちらから♪