人妻出会い

出会い系サイトで人妻に出会うということ

出会い系サイトで人妻に出会い、そしてセフレ関係になって日常的にセックスを繰り返している、というような出会い系サイトの体験談というのは本当に多いですよね。多くの人妻は、学生の頃から普通に出会い系サイトを使っている事も多く、結婚して人妻となってからもためらいなく使用する、ということなのかもしれませんね。出会い系サイトでここまで人妻に人気があるのは、やっぱり背徳感が興奮を高めるということがあるのかもしれません。それに人妻はセックス慣れしているし、やっぱり人妻と出会いセックスするというのは気持ちいいということなんでしょう。出会い系サイトで人妻と出会いたいという、かなり若い男性も多いようですしね。人妻人気はまだまだこれからも続きそうです。

 

人妻との出会い系サイト体験談

この人妻は俺の学生時代の友達で、同じ会社に同期入社した男の妻だ。彼は学生時代から常にトップで、会社でも将来有望な幹部候補として、重要な仕事をこなしていた。片や俺は学生時代から、底辺に近い落ちこぼれ者です。同じ会社へ入ったとはいえ、底辺をウロウロして全くうだつがあがらない男。それでも彼とは学生時代から何か馬が合って、遊ぶときはいつも一緒という感じ。そして落ちこぼれ者の俺のほうが遊びの世界では強くて詳しいというのは世の常識。俺はちょい悪風に見えたのか、そんな男に寄ってくる女は結構多くて、女で不自由したことはあまりない。今も昔も遊び人の俺。様々な遊びをするなかでSMは特にハマった。そして縛りに夢中になってどんどんのめり込んでいった。そんな感じで俺が遊びにうつつを抜かしている間にも彼は社長の一人娘と付き合って、婿養子として社長家の一族の仲間入りを果たしたというわけです。会社は全国的にはまだ知名度は低いが、その地方では優良企業として名高く誰もが知っている会社。売り上げも右肩上がりで調子がいい。その会社の跡取りの、最有力候補になった彼は、俺から見たらもう雲の上の人ということなのかもしれない。そんな時にからメールが届いた。「お前の力を借してほしいんだけど。今夜、家に来てくれないか。」という内容だった。なんだよ、これは。自慢するつもりか、などと思ったけど、俺のちからを借りたいって書いてあったから、いったい何なのか少し気になった。それに彼とは関係を絶やさない方が俺にとっては将来的にも好都合だろう。物事をそこまで深く考えたことがない俺だが虎の威を借りる下心は持ち合わせている。指定された時間に、彼の家に行った。ドアが開き、彼が出てきた。そして俺を家のなかへと迎え入れてくれた。通されたリビングは一目見ただけで、かなりの金が掛かっていると分かるような調度品が並べられている。雰囲気はヨーロッパ貴族の屋敷という感じ。趣味が悪いとしか俺には見えなかったが。少し戸惑っている俺に彼は缶ビールを持って来てくれた。俺の大好きな銘柄の発砲酒だった。やっぱり彼は以前と変わらずいい奴だった(笑) 酒はそこそこ飲める俺。出された缶ビールをどんどんと空にしていく。彼も同じように飲んでいる。そして俺は早速聞いてみた。で、話ってなに?」彼は、ちょっと言いにくそにして、「実は妻のことだけど。」「ほぉ?どうしたんだ?奥さんが男だったか?(笑)」「ちゃかさないで聞いてくれ。おまえだから話すけど。」「分かったよ。聞くよ。」「妻はいま隣の部屋にいるんだ。」彼は付き合い始めてからの現在までのことや、夜の夫婦生活のことを、ひとしきり話してくれた。二人は愛し合って助け合いながら生活を送っているようだった。ただひとつだけ、二人には不満があるという。彼は義理の父である社長の期待に応えようとして、毎日深夜まであまりにも過酷に仕事に打ち込むあまり、過度のストレスにさらされてしまい、その反動が下半身に来ているということのようだった。男としての機能が不能となってしまっていたらしい。分かりやすく言えば、インポだ。そしていろいろと改善のために色んなことを試してみたが、効果は期待したほどではなかったらしい。男盛りであり女盛りの二人。そこでたどり着いた結論はSMということだったらしい。男としての機能を様々な道具(バイブや縄、鞭、蝋燭など)に変えて、満たされない欲望を満たしているということのようだった。しかしこの性の欲望というのは、例えるならば底なし沼。一度初めてしまうと、次から次へとやりたいことが妄想として浮かびあがってくる。今までは夫婦二人だけでずっとプレイしていたが、その限られた閉じられた世界から抜け出して、第三者を巻き込む方向へと移行していきたいということのようだった。そしてその相手として選ばれたのが、何と俺だったというわけだ(笑) そして俺はこのように答えた。「お前の言いたいことはよくわかった。二人がたどり着いた結論がそれなんだな。上手く行けば夫婦円満な生活を送ることができるな。う〜ん、でも俺には、そんなことしたって何のメリットもないぞ。縛らせてくれる女に不自由もしてないしな。」「もちろんまったく無報酬でお願いするなんてことではないよ。ちゃんと調教してくれたらそれなりの報酬を用意しているから。こうして俺は彼の指示によって彼の妻を調教するようになったのだ。今まで人妻は何度も調教してきたことがあるが、同じ人妻は人妻でも、友達の妻を調教するなんてことは初めてだ。「あいつから調教してくれと頼まれて引き受けたからには、ちゃんと躾けなければね。じゃ脱げよ。」彼女に対して、俺はストリッパーのごとく、俺の眼前で全裸になるように命じた。これもいつもよくやる俺の調教の一環だ。脱ぐおんなを見る瞬間は本当に最高だ。これは逃れることが出来ない覚悟を決めさせるのに有効な手段でもある。彼女はこの展開をなかなか理解できずに、体と心が乖離したような感じで眼球だけを左右に動かせている。「早くしろよ。」追い打ちを掛けて思考が入る隙を与えないようにするのもいつもの手だ。彼女の心から魂が抜けたようになり、肉体だけが浮遊しているようだ。うんうんと頭を上下に動かせ、自分に納得をさせているような仕草を繰り返して、一度立ったと思ったら、その場に座り、ブラウスのボタンを外し始める。スカートを脱ぎ、ブラを外し、最後の一枚をするりと下ろし足首から抜いた。俺の眼前に全裸の人妻がいる。「もう一度、ちゃんと挨拶をしろよ。」彼女はその場に正座して上半身を前方に折り、頭を床につけて、性奴隷の挨拶を始めた。俺は彼女が挨拶をしている間に、彼女の体を中心にぐるっと回り、その豊満な人妻の肉体を眼で犯した。

 

 

人妻との最高の出会い

人妻の肉体というのはどうしてこんなにもエロいのだろう。今までも出会い系サイトで何人もの人妻と出会ってきた。普通にセックスするだけの時もあれば、縛ることも何度もあった。そしてその人妻たちは、若い独身の女たちよりも、間違いなく深く縛るプレイにハマっていく。なぜ人妻はこんなにもハマるのだろう。それはまだよく分からない。ただ人妻とのセックスが最高であることだけは事実だ。これからも更に沢山の人妻たちと出会い、そして二人だけの秘密の関係を築き上げていきたい。